もらって嬉しい引き出物とは

結婚式の引き出物は新郎新婦がご祝儀を頂いたゲストに対するお礼として贈るものです。
はじまりは披露宴の食事の一部をゲストの家族に手土産として持ち帰ったことだといわれています。
今では記念品という意味合いで贈られることが多いですがこの引き出物選び、結構悩むものでもあります。
新郎新婦にとっては良かれと思ったものがゲストにとってはもらって残念ということはよくあります。
できればもらって嬉しいものを贈って、自分たちの披露宴を成功させたいですよね。
ではどんなものが喜ばれるのでしょうか。
最近では統一された品物よりもカタログギフトが人気です。
ゲストの好みや欲しいものも多様化しているので自分たちで選ぶよりゲストに選んでもらう方が失敗が少ないというメリットがあります。
どうしても自分たちで選んだ物がいいという場合は、軽くてかさばらないものか消耗品の方が引き出物には向いています。
タオルやブランド物の食器やカトラリーなどがよく選ばれています。
その際もあまり装飾がなくシンプルな物がいいでしょう。
間違っても自分たちの写真や名前入りのものは避けたほうが無難です。
デザインは良くてもゲストにとっては使う気がなくなってしまうことも多いからです。
あくまでもゲストへのお礼という気持ちを忘れずに選びましょう。